>
>
広島市 K様邸 (耐震改修工事)

広島市 K様邸 (耐震改修工事)

木造2階建 在来工法

 

原因:石垣付近の地盤沈下により建物が傾斜

対処:薬液注入により地盤補強をし、安定させた後に基礎補強・建物の耐震補強を行った。

※建物の耐震補強は耐震診断の結果に基づいて耐震壁を配置します。

 

 

事前に行った地盤調査により、補強範囲を決定。

薬液注入による地盤補強。

 

 

基礎補強。

 

建物の足元を固めたら、上屋の補強です。

耐震診断の結果に基づいて補強計画を作成。適切な部分に適切な耐震壁を増設します。

  筋かい補強(片筋かい)

 

  筋かい補強(両筋かい)

 

  筋かい補強(構造用合板)

 

もちろんN値計算により金物も適切に配置しています。

 

 

 

  小屋筋かいが適切に設置されていなかったので小屋筋かいの増設を。

 

 

 

  内装を仕上げて完成です。

 

工事が完了すると、何をどうやったか全くわかりません。

ただ、中身が違います。

 

戻る

 

▲ このページの先頭へ